ただ好きな人とは違う飲酒の時間帯

いついかなる時間でもアルコールが欲しくなる

 

通常の場合、お酒を飲むのは仕事から家に戻って飲んだり、食事のときに
ワインを飲むなど、飲酒をする時間が一般的常識として許される時間に
飲むものですが、

 

アルコール依存症の場合、薬物に依存するのと同様に飲んだことにより
問題が生じることを分かっていても我慢が出来なくなります。

 

飲酒をする時間が、昼間から飲み始めたり、朝目が覚めてすぐに飲み始める
など、ひどい場合には仕事中にも我慢が出来なくなり、隠れて飲むように
なってしまいます。

 

そんな馬鹿なとよく笑う方がいますが、匂いでバレてしまうのではないか?
等の考えは最初だけで、慣れてくるとすぐにエスカレートします。

 

このように飲酒をする時間が、一般的でない場合、お酒を飲んでもよい
場所と時間が見つかるまで我慢ができないような場合は、アルコール依存の
可能性が高いです。

 

特に仕事中にお酒を飲んでしまうような場合にはとても深刻なアルコール依存症
といえるでしょう。

 

そして依存症の場合には、お酒を飲む時間にパターンが出来てきます。
そのパターンは毎日変わることなく、同じ時間に飲み始めて、お酒の飲む量も
ほぼ毎日同じ量です。

 

飲んではいけないところで飲んだり、飲むことを終わりにしようとしても止められない
場合など、コントロール障害とよばれなかなか簡単にお酒を絶つことは
できなくなります。

 

アルコール依存は、飲むお酒の量を減らすことではなくて、完全にアルコールを
絶ちきることが必要です。

 

専門のカウンセラーや断酒治療などを受けることも必要になりますが、
本人が断酒をする意志がない限りアルコールをやめることは成功しません。